NSKK News

第3回 例会開催

わが社の経営を語る

2001年6月7日(木)

本年度、第3回目の例会が経営理念戦略委員会担当により開催されました。

今回は、帯広経営研究会会員で相互電業株式会社代表取締役の板倉利男氏をお迎えしての、『我が社の経営を語る』よりお話をお伺いさせて頂きました。

講演前に、若林会長・宍戸委員長の開会挨拶より例会が始まりました。

板倉社長は、51歳で日創研の研修に参加されて8年間が経過された中で、学べば学ぶほど解らない事が多く有り、できるだけ若い時期に苦労・逆境・壁に当り強い意思を持ちやり続け、感謝をしながら生きて行く事が大切とお話されました。

経営理念の必要性として困ったとき・迷ったとき経営者の熱き思いが無ければ、経営が成り立たない大事な物『大黒柱』。また、人(社員さん)を動かすためには時間が掛かるが、親子関係と同様にトップが動きに動いてコミュニケーションを取り長くやり続ける事の大切さをお伺いしました。

また、今回の例会は多数のオブザーバーが参加され、参加者の皆さんに、紹介・感想をお聞き致しました。

最後に、黒澤・朝倉両監事の講評を頂き例会は無事終了しました。