NSKK News

経営理念委員会担当例会開催

ケースメソッド - イネスホーム発表

日時:2009年5月20日(水)
会場:イネスホームモデルハウス

経営理念委員長 福留健二

理念委員会のイネスホーム例会に多くの参加をいただき誠にありがとうございました。

会員参加人数19名、オブザーブ参加6名の合計25名ご参加をいただきました。

当初のスケジュールでは、塚本さんのケースメソッド発表を1時間、その後はグループに分かれてのディスカッションを予定しておりましたが、塚本さんの約1時間の発表の後の質問アドバイスの時間では、いつにも増して皆さんの心からのアドバイスが白熱し、塚本さんの会社を皆で良くしたい!という願いが伝わってくる、とても素晴らしい時間となり結局、残り1時間、質問アドバイスとなりました。

多くの皆さんも感じられたと思いますが、塚本さんの表情喋り方、雰囲気が、何か吹っ切れたような、そんか感じがしました。

その理由は塚本さんから話されましたが、私自身とても参考になり、なにか元気を分けてもらい、帰りは清々しい気持ちでした元気がないときは、落ち込んでいるときは、経営研究会の皆さんにお会いすると本当に元気になります。

またオブザーブ参加の方々も多く、活気のある会となりました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。今回、残念ながら参加できなかった皆さん、ケースメソッド発表は発表する側、聞く側、両方とも大きな発見、気付きがあり何より元気になります。 是非次回参加ください。

次回は6月4日、村川デンタルクリニック 村川さんによるケースメソッド発表です!

場所は村川さんの病院でおこないます。名づけて・・・「ムラカワデンタル委員会」です!

塚本 誠

イネスホーム例会にご参加いただいた皆様へ

本日(5月20日)はたいへんお忙しい中、弊社モデルハウスまでご来場いただき、また、アドバイスシートへのご記入をいただき誠にありがとうございました。いつもアドバイスシートを読ませていただくとたくさんのヒントが隠されております。

私が社名の変更を決意して、実行したのもこのアドバイスシートの中に「社名と取り組んでいる事業がミスマッチだ」とのご指摘をいただいたことがきっかけでした。

シートを読ませていただくと、私がまったく気がつかなかった視点や、「なるほど、そうか!」という目からウロコのヒントがあります。宝の山です。今までのシートはすべて保存しております。ヒントを探しにたまに読み返したりもします。今回もたくさんの気付きを与えてくださいました。とてもありがたいことです。感謝いたします。

ただ、反省点として、、、弊社営業社員が水曜定休のため不在し、十分な応対ができなかったこと、予定されていたプログラム上のディスカッションができなかったこと、会場が手狭で全員のお席をご用意できなかったことをお詫びいたします。誠に申し訳ございませんでした。この反省点を今後の教訓にいたします。

本日は多くの皆様にお越しいただき本当にありがとうございました。週末の土日につきましては、私はなるべくモデルハウス内にいるようにしております。 見学ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくお越しくださいませ。

また、本日ディスカッションできなかった『タッチポイント』(顧客接点)ですが、皆様の会社の業種業態に合わせてアレンジして、考えてみてはいかがかと思います。視点はあくまでも顧客側からの視点であり、自社に期待する所の対応です。

弊社では全員で対応を決めたものの、決めたことをすっかりと忘れてしまって、できていないことばかりですので、少しずつ改善を進めていきます。そう言えば、先日の全体会議ではマナー教育ビデオを社員全員で見て、見た後の感想を 発表し合うということをやりました。

これからの課題は、社内で『理念と経営勉強会』を開催することです。しつこく取り組んでいこうと思っております。ありがとうございました。