個人情報保護方針

個人情報保護方針について

札幌経営研究会(以下、当会といいます)は「個人情報」がプライバシーを構成する重要な情報であると深く認識し、業務において個人情報を取り扱う場合、「個人情報」に関する法令および個人情報保護のための内規を全ての会員が遵守するよう定めます。

個人情報の収集について

当会が「個人情報」を収集する目的として、当会の円滑な運営の為、組織内の活性化の為に必要な場合に限ります。また、収集については入会者本人の承諾を得て、適法かつ公正な方法によって行います。

個人情報の利用、提供について

当会が収集した「個人情報」の利用または提供は、当会の円滑な運営を目的とし、組織機能として入会者に対する連絡、報告などで利用する場合に限ります。

ただし、本人の同意がある場合、法令に基づく場合、人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合、公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合、国の機関もしくは地方公共団体への協力、会員への緊急のご連絡、当会の内部で利用する時、その他正当な理由がある場合等、収集以外の目的のために利用または提供することがあります。

個人情報の管理方法について

当会が管理する「個人情報」への不正なアクセスや紛失、破壊、改ざん、漏洩等を防止するために適切な管理システムを維持し、新たな不正アクセス方法等に対応できるよう管理システムの定期的な見直しを図ります。

また、会内管理体制を強化し、「個人情報」に係わる全ての人員に対し教育を徹底します。また、当会はデータ内容の正確性を維持できるよう努めます。

個人情報の開示および訂正について

当会は本人から自己に関する「個人情報」の開示請求があった場合、政令で定める方法により、遅滞なく開示します。ただし下記のいずれかに該当する場合は全てまたは一部を開示致しません。

1.本人又は第三者の生命、身体、財産、その他の権利利益を害する恐れがある場合

2.当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼす恐れがある場合

3.他の法令に違反する事となる場合

当会は本人からの自己に関する「個人情報」の訂正等、申し出があった場合に、その内容の訂正等に関して、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞無く調査を行い「個人情報」に関して誤りがある事、その他の訂正等を必要とする事由があると認める時は、遅滞なく行います。